整体の泰誠館 200の手技から、あなたの痛みに応じた施術を!

 

フットマッサージの重要性

日本人の約8割が足のトラブルを抱えているといわれています。糖尿病などの生活習慣病の増加などとともに、足のケアの重要性が高まりつつあります。
足は毎日体の土台となって支えてくれています。足が果たす機能に注目することで、全身の病気の予防や治療につながる場合もあります。また、足の不調が原因で体全体に影響もたらす場合もあります。
自分の体調の変化に気づくためにも、普段からフットマッサージを取り入れ、足を観察するようにしましょう。

 

病気と足の関係

近年では、日本でも糖尿病などに起因する足病変に悩む患者が多くなり、フットケアやフットマッサージの重要性が増しています。
糖尿病は血糖値が高い状態が続くと、糖尿病の3大合併症が起こる場合があります。「神経障害」では、足の先端の痛みを感じないため傷に気づかないことがあり、その後動脈硬化などによる「血流障害」によって、傷が化膿しやすくなります。また感染に対する抵抗力が低下することで、細菌などの感染症が起こりやすくなり、最悪の場合は足を切断することになります。
正しい知識と技術があれば足壊疽(えそ)の発生や切断は防ぐことができるのです。このような状態に、いち早く気付くためにも、毎日の足のチェックと、フットマッサージをすることが大事です。

 

足の裏は第2の心臓

フットマッサージは主に足裏の筋を柔らかくすることが大事です。
足の裏は第2の心臓といわれています。歩くことによって足裏の筋肉がポンプのように血液を押し流すからです。しかし、足裏の筋肉が硬くなっていると、うまく筋肉のポンプが働かないので、心臓を助けることができず足に老廃物がたまり、むくんでしまいます。
足裏やふくらはぎをマッサージすることで、筋肉の硬さがとれて、老廃物が流れやすくなります。また、老廃物がたまった状態になると、足の血流がとどこおるので、足は疲れやすくなります。マッサージを行い、いつもリフレッシュされた状態を保つことで大事です。

 

普段マッサージをしていない人は、足裏自体に弾力性がなく筋肉が非常に硬い状態の場合があります。まずは足裏をほぐし柔らかくすることが大事ですが、なかなか自分では難しい場合があります。その際には、きちんとした施術をうけることをおすすめします。

 

名古屋でフットマッサージ店をお探しの方は、『整体リラクゼーションTAiSEiKAN』をご利用してみてはいかがでしょうか。オイルを使って足の反射区を刺激し、足先から健康になる施術をいたします。

 
 
もっと、もっと、あなたのおそばに… 泰誠館[TAiSEiKAN]店舗検索